クレジットカード現金化あんしん利用マニュアル

審査不要で即日入金!クレジットカード現金化とは

クレジットカード画像クレジットカード現金化とは、一般的に専門業者が指定するショッピングサイトからカードのショッピング枠で買い物をして、キャッシュバックとして現金を振り込んでもらうサービス。借金とは異なります。専門業者は多数あり、本人確認は必要となるものの、収入証明や審査は不要。学生や専業主婦でも本人のクレジットカードを持っていれば利用できます。
急に現金が必要になったとき、借金をせずに現金を入手できる便利なサービスです。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠

買い物にはクレジットカード払いを利用される方が多いと思います。コンビニなどでの少額の買い物でもクレジットカードが1枚あれば、小銭や大金を持ち歩かないで済むし、使えば使うほどポイントが貯まるのも大きな魅力です。

しかし、クレジットカードで買い物ができる額には上限があり、それをショッピング枠といいます。上限額はクレジットカードを新規に申し込んだ際に決めますが、10万円や30万円、50万円、100万円など人によって違うものです。

ご存じだとは思いますが、クレジットカードにはショッピングができる機能の他にキャッシング枠もついています。キャッシング枠とは、利用限度額内であればカードを利用してお金を引き出す(クレジット会社から借りる)ことができるものです。

もし、現金が必要になったが手持ちのお金がない、銀行の預金残高が足りない、という時にはキャッシング枠を利用して銀行やコンビニのATMからクレジットカーですぐにお金を引き出すことができます。上限額は人によって違いますが、一般的に2万~20万円と設定されています。自分の限度額がわからない時には、カード会社に問い合わせると確認が可能です。

現金が必要な時はいつでもクレジットカードのキャッシング枠が利用できて便利なのですが、ただしキャッシング枠の限度額いっぱいにお金を借りていて、さらにそれ以上の現金が必要になった場合では、キャッシング枠を利用できません。すぐにお金が必要なのに困ってしまいますね。どうしたら良いでしょうか。

そんな時には、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化する方法があります。

ショッピング枠を利用して現金化するには

ショッピング枠を利用して現金化する方法とは、クレジットカードで買い物をしてそれを現金と交換してもらう方法。クレジットカードで買い物をするということは、支払いは後払いになるので、今ここに現金を持っていなくても買い物ができるわけです。

ショッピング枠で買った商品を現金化してくれる業者がありますので、そこに行くとそのお店では、現金化のための商品(新幹線のチケットや商品券など)が指定されています。

必要金額に換金してもらうためには、いくらの額の指定商品を購入すれば良いかを教えてもらって、その商品をクレジットカードで購入してきます。購入した商品を持って再びその業者に行くと現金と交換。金券ショップで商品を換金してもらうのと同じ要領です。ただ、クレジットカードを使って自分で購入した商品を換金してもらうところが違いますが。

その際には手数料を引かれるので、必要金額より多めの額の商品を購入することになります。手数料を差し引いた額の比率を還元率と言い、現金化還元率の平均は約80%が一般的のようです。

ショッピング枠現金化の事例と現金化還元率

ここで、現金化還元率をわかりやすく説明するために、ショッピング枠で現金化の具体的な例を挙げてみます。

Aさんはすぐに8万円用意しなければならなくなりましたが、クレジットカードのキャッシング枠限度内ですでにお金を借りていたので、現金を用意する手立てがありませんでした。そこで、ショッピング枠で現金化をしてくれる業者に行き、10万円分の商品券を購入してくれば現金8万円と交換すると言われました。

すぐにクレジットカードで10万円分の商品券を購入して持って行き、10万円の80%の8万円を業者から受け取り、必要な金額を調達できました。つまり10万円の20%である2万円が手数料と引き換えに、80%の8万円を手にすることができたのです。この80%が現金化還元率です。

もし20万円必要な場合、25万円の商品券をクレジットカードで購入して現金化すると、80%の20万円が受け取れるということになります。後日、クレジット払いで購入した商品の支払いがありますが、キャッシング枠が利用できないけれどすぐに現金が必要な方には、便利な現金化の方法です。

不安?怪しい?クレジットカードの現金化に不安?ご安心を

それでもクレジットカードの現金化と聞いて、ある種の後ろめたさや、うさん臭さを感じている人も多いのではないでしょうか。以下では、心配無用な点を紹介してみます。

クレジットカードは常にあなた自身の手に!

ショッピング枠の現金化は、お金が必要になった時には大変便利なクレジットカードの利用の仕方ですが、何となく業者が信頼できない、ヤミ金やサラ金のイメージがあるからできるだけ利用したくないと思う方もいらっしゃるでしょう。

そのような心配を払拭するために、まず現金化する手順を考えてみます。

  1. 業者に指定された商品を、クレジットカードを使って自分で購入する。
  2. 購入した商品を業者に持って行き、現金と交換してもらう。

以上、これだけなのです。

全て自分自身で行い、業者が絡むのは商品と現金を交換してもらう時だけ。あなたのクレジットカードは常にあなたが持っているので業者の手に渡るわけでもないし、業者がクレジットカードを騙し取るわけでもありません。

現金化業者から自宅に契約書などの書類や連絡がくることもありませんので、家族に知られたくない場合でも安心して利用できます。急にお金が必要になって本当に困った時は、クレジットカードのショッピング枠の現金化という方法があるということを知っておくのも良いと思います。

後々のトラブルを避けるためにも、信頼できる業者を選ぶことがまずは大切。信頼できる業者の選び方は後で詳しく述べますが、インターネットの比較サイトを検索してみると良いでしょう。

クレジットカード現金化は買い物と同じ?

クレジットカード現金化は、クレジットカードを持っていてショッピング枠の利用可能額内であれば、誰でもすぐに手軽に利用できます。なので今日、若い人を中心に人気が増えつつある方法です。

金額が大きくてもショッピング枠の上限額を超えなければ、現金化業者からの金額制限はありません。カード現金化では、現金化業者から自宅や勤務先に確認の電話連絡や契約書などの書類を郵送することは皆無。

  • 周囲にばれない
  • 審査がない
  • 専業主婦でも問題がなく利用できる

以上のようなメリットがあるのです。また、女性にうれしい女性限定プランを設定している業者もあります。

購入した業者指定商品のクレジットカード支払い方法は、普通の買い物と同じように、一括払い・分割払い・毎月一定金額が引き落とされるリボルビング払いの中から選べます。その時の状況や都合に合わせて支払い方法が選べるので負担も少なく、これもまさにカード現金化のメリットの一つ。買い物感覚で利用できます。

また、現金化をしてくれる業者は金融業者ではありません。業者との金銭の貸し借りが発生することは全くなく、商品を現金と交換してもらえばそれで終了。信用できる業者を選べば、後に尾を引くようなトラブルなど一切ありません。

借金履歴としては残らない!

カードでの現金化は、消費者金融のキャッシングやカードローンとは全く違います。業者の審査はありません。ただし本人確認はありますので、免許証など身元証明ができるものを持参する必要はあります。未成年の方はクレジットカード現金化の利用はできません。

カード現金化はショッピング枠を使った買い物の延長です。商品の購入がカード会社の利用履歴としては残ります。しかし、お金を借りたわけではないので信用情報機関に借金情報として履歴が記載されることなどありません。

住宅ローンなど大きいローンを組む時には、キャッシングなどの借り入れ履歴があるために審査に通らないという査定結果になることがあり、ローンを組むことはできません。カード現金化の場合は、カードで買い物をした商品を現金に交換しただけなので、借り入れ履歴とはなりません。また、借金ではないので、信頼できる業者であればトラブルも皆無です。

ただこの点には注意が必要。クレジットカードの支払いを延滞すれば事故情報としては残るのです。支払い方法は一括払い・分割払い・リボルビング払いの中から選べますので、きちんと計画を立てて支払い方法を選んで、延滞をしないようにしましょう。

現金化のメリットとデメリット

では、クレジットカード現金化のメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?以下で解説していきます。

現金化のメリット

すでに説明したように、現金化には審査が必要ありません。カードローンやキャッシングの場合は、当然、審査が必要ですし、審査で落ちてしまえばお金を引き出すこともできません。無職の人でも専業主婦でも学生でも、クレジットカードさえ持っていれば誰でも現金化することができます。

また、支払い方法は一括だけでなく、分割やリボなどが可能という点もメリットでしょう。通常のショッピングと同じようにカードのショッピング枠を利用したに過ぎないので、支払い方法も通常どおり一括・分割・リボを選択できます。

さらに、クレジットカードの現金化は、銀行や消費者金融からの借金とはまったく異なるものなので(あえて言うなら将来の自分から借金しているようなもの)、信用情報機関に借入の履歴が残ることもありません。すでに信用情報機関で「要注意」の指定を受けている人でも、カード会社との間で問題がない限り現金化は可能です。

もう一つメリットを挙げれば、クレジットカードやショッピングのポイントが貯まるという点。現金化はカードでショッピングをしたときと同じ手順を踏むため、通常の買い物と同じようにポイントが貯まります。

現金化のデメリット

一方、クレジットカードの現金化にはデメリットもあります。最大のデメリットは、悪徳業者が潜伏していることがある、ということ。

クレジットカードを現金化する人の多くは、どうしても今すぐ現金が必要という状態です。悪徳業者はこうした緊急性につけこみ、あらゆる手段で騙そうとしてきます。トラブルの例としては、換金率が記載と異なる、現金が振り込まれない、個人情報が抜き取られて悪用された、などというもの。

疑問を持つ女性のイメージ

こうしたトラブルに遭わないために、「100%現金化」などと謳った業者は、怪しいと思ったほうが良いでしょう。理屈から考えて、100%現金化してしまっては業者になんの利益もありません。なんらかの裏があると考えるべきです。

これはすなわち、健全な業者を通じてクレジットカードを現金化する場合には、100%の換金はできない、ということ。これをデメリットと考えることもできるでしょう。普通にショッピングをした場合には、10万円払えば10万円の商品が手に入ります。しかし、現金化をした場合には、90%前後、多くても95%前後までしか現金化できません。

クレジットカード現金化業者はどうやって選べばいい?

数ある現金化業者から、悪質な業者と優良な業者を見分けるために、まず重視したいのが実績や信頼度。公式サイトに、運営会社名や所在地、代表者の氏名がきちんと記載されているか、携帯ではなく固定電話の番号が記載されているか、企業としてある程度営業年数が経っているかが最低限のチェックポイント。
ほかにも、振込みまでの対応スピード還元率(キャッシュバックされる割合)がいい業者、口コミ評判の良さも業者選びの決め手になります。急にお金が必要になった時には大変便利なクレジットカード現金化です。クレジットカードが1枚あれば必要な現金が手に入りますが、気をつけなければいけないのが悪徳業者で、法外な手数料を取られてしまうこともあります。
信頼できるカード現金化業者の選び方を以下で具体的に紹介します。

必要以上に個人情報を聞き出そうとする業者は要注意!

マイナンバー制度は、現在では税金関係や社会保障関係に適用されています。今後は適用範囲が広がることも十分考えられます。番号一つで個人が特定され全体像が見えてしまいますから、マイナンバーをむやみに提示することは避けなければいけません。

今の社会は個人情報に関して敏感になっているがゆえに、行政機関や企業からの個人情報の流出が度々問題になっています。それだけに、個人情報を手に入れたいという企業・業者が多いということです。

カード現金化業者の中にも、継続的な利用を促す目的で利用者の個人情報のデータベース化をするために、何とか個人情報を引き出そうとする業者がいるよう。カード番号やセキュリティコード、勤務先、家族構成などを聞き出そうとする業者には要注意です。

優良な現金化業者は信用を第一に考えるので、申し込み手続きに必要以外の個人情報を聞くようなことはしません。インターネットで優良業者を探す場合は、業者のWEBサイト上にあるプライバシーポリシーを確認してみましょう。個人保護方針を明記している業者は信頼できると言えます。

マイナンバー制度導入に伴うリスクなどもあるため、個人情報取り扱いには気をつけましょう。業者が執拗に情報を求めるなどして不信感を持った場合には、利用しない方が良いと言えます。情報漏洩を防ぐためには自助努力が大切です。

信頼度は創業年数でも見極められる

世間一般的に事業を長く継続できている企業は、顧客や社会との信頼関係を大切にしています。特にお金を扱う業者は堅実で健全なイメージを重視して、世間にもそれをアピール。金融業界は世間から信頼を失ったら即営業停止や倒産に追い込まれてしまいます。

ですから、どの企業も顧客や世間からの信頼を得るために、創業年度や所在地、代表者氏名などの企業情報の透明化を進めています。企業が長く存続していることは、社会的な信頼度が高いことと同じです。

一般的に設立後10年以上存続する企業は全体の5%程度、さらに20年以上の企業は0.3%にしかなりません。そして3社に2社は3年以内に倒産してしまうのです。1980年代に誕生したと言われる現金化業者でも、20年以上存続している業者はあります。そのような息の長い業者は顧客からの信用を第一に考えているので、顧客とのトラブルはほとんどなし。業績も安定しています。

信用を得るために努力してきた結果、20年以上継続することができているので、信頼度の高い優良企業と言っても良いでしょう。

インターネットで調べると、信頼度の目安になる創業年度や創業年数を記載している業者もあります。カード現金化業者の被害に遭った例もありますが、それは信頼できない悪質業者を選んでしまったことにも責任の一端が。サービス自体に違法性はないので、悪質業者を選ばなければトラブルは起こり得ません。

カード現金化を利用する時は、創業年数も確認して信頼できる業者を選びましょう。

必ず固定電話の有無の確認を

携帯電話の普及はめざましく、一人に1台の時代になりました。一人暮らしの方などは携帯電話があれば、固定電話を持つ必要などありません。しかし、企業となると違います。携帯電話だけを記載している企業はなんとなく怪しいと感じてしまいます。携帯電話のみで営業をしているヤミ金融も多く「090金融」と呼ばれています。

「090金融」のヤミ金融はその名の通り携帯電話のみで営業しており、金融被害者に居場所を突き止められないよう固定電話を持たないのです。なんとも悪質です。

携帯電話のヤミ金融とインターネット広告は関連性が高く、携帯番号とインターネット情報だけで業者と場所の特定は非常に困難で特殊な調査に頼るしかありません。

現金化業者の場合も、ヤミ金や詐欺グループがバックについていて、携帯電話のみで悪質な営業をしている業者も多くいます。新しく現金化事業を始める際に、初期投資を抑えるため余計な経費をかけずに携帯電話のみで始める人もいるようなので、それが一概に悪質業者とも言えませんが。

携帯電話のみの現金化業者には、まともな業者と悪質なヤミ金とがあります。詐欺被害に遭うリスクがあることを把握しておかなければなりません。携帯電話のみの現金化業者が悪質業者でないことを確認する方法はないので、利用する際は携帯電話のみの業者は避ける方が安全です。

契約時に固定電話が必要なフリーダイヤルを掲載している業者も信用できるといえます。固定電話の有無は必ず確認しておきましょう。

キャンセル時の対応も優良業者の決め手

商取引をいったん契約した後でキャンセルすると、業者側は良い顔をしません。

消費者の一方的な契約解除でのトラブル発生を防止するため、多くの商取引では既定条件が決められています。例えば、携帯電話の契約時には2年間の利用が義務づけられており、キャンセルする場合には規約に基づいた費用が発生する特約が設けられています。

一般的には消費者都合でキャンセルする場合、キャンセル料を支払うことになります。しかし、業者側に過失があった場合には無償で契約解除できる権利があります。

良心的で健全な経営の現金化業者は、消費者からキャンセルがあった場合は過失内容を検証して適切な対処をします。消費者の都合でキャンセルを申し出ても、キャンセル料を請求するようなことはほとんど皆無。業者に負担がかかりますが、優良業者は消費者利益を優先し無償でキャンセルに応じてくれます。逆に悪質な業者はキャンセル料を請求します。

消費者都合で直前にキャンセルする場合の無償対応は、業界では暗黙のルール。その対応ができない業者は悪質業者の可能性が高いと思われます。カード現金化は基本的に安心できるサービスですが、残念なことにほんの一部の悪質業者が原因で不信感を持つ方も多数いるのが現実です。

悪質業者を利用すると、クレジットカード情報が盗まれるなどの被害・トラブルが発生しかねません。被害を防ぐために、キャンセル時の対応も確認しておきましょう。

高すぎる、または安すぎる手数料に要注意

銀行で振り込む時やコンビニのATMでお金を引き出す時などには手数料が取られます。この手数料が金融業界にとっては大きな利益になるのです。カード現金化業者も、手数料が利益になっています。消費者にとっては換金率が高い方が魅力。ですが業者は事業継続のために、必要な経費を手数料でまかなっています。原価や利率を適切に計算したものが適正な手数料になり、それが10%から20%になります。

対して手数料を高くし換金率を低くしている業者もあります。そのような業者は、悪質または違法性がある業者の可能性が十分です。

また手数料が安くて換金率が高すぎる業者にも要注意。高い換金率で消費者を惹きつけて、利用した後に理由をつけて下げるケースが増えているようです。あまりにも安すぎる手数料を取っている、つまり換金率が高い業者は「対応遅延による利息が発生した」「対応方法に問題があった」など、あとから言いがかりをつけてくる可能性もありえます。

もし業者から手数料以外の経費を請求された場合には、ヤミ金や詐欺グループが裏で運営していると思っていいでしょう。健全な業者だったら、最初に提示した手数料以外を請求することなどありえません。

健全な業者は70~94%の換金率で運営しています。換金率が95%を超える業者、または70%未満の業者は悪質である可能性が十分。換金率は業者の安全性を確認するための一つの目安になります。

もしあとで言いがかりをつけてくる業者があれば、警察に相談して毅然とした態度で臨みましょう。

実績あり!のおすすめはこの5社

とはいってもよくわからない…という方のために、クレジットカード現金化業者の中から厳選した5社を紹介します。公式サイトに住所、責任者、設立年月の記載ありの業者の中でも、とくにおすすめは次の5社。

条件を重視したクレジットカード現金化業者選び

このサイトでは、 「入金スピード」や「還元率」「口コミ評判」など、重視したい条件がある方のために、条件別に厳選した優良業者も紹介しています。

入金がスピーディー

申込から入金まで最短で当日、最長でも1週間とお店によって幅があります。遅くまで営業していて、ネットバンクの口座があれば365日24時間いつでも入金してくれる業者もあります。

ただし換金までのスピードが速すぎると、急ぎの対応で換金率が下がる可能性もあるので、少々日数がかかっても換金率が高い方が良い人もいるかもしれません。まずは入金までかかる時間と換金率の対比を明記している業者を選ぶと良いでしょう。

大半のクレジットカード現金化業者は即日入金に対応しています。振込完了までにかかる時間は最短5~10分。初めての利用でも30分もかからず現金を受け取ることができます。ネットバンクに口座があれば365日24時間年中無休で対応してくれる業者もあるので注目です。

還元率がいい

換金率が高めというのは80%後半から90%台です。業者によっても違いがありますが、金額が高いほど換金率も高くなる傾向にあります。10万円よりも100万円の方が換金率は高いのです。換金率は一律でなく、最大換金率や換金率○○~○○%と業者は記載しています。

即日入金より多少日数がかかっても換金率を高く設定しているプラン、ほかにもキャンペーンなどでお得なプランもありますので、急ぎでない場合はしっかり比較調査して選びましょう。申込金額に対して実際に現金で還元される比率=還元率は、業者によって若干違います。80%台後半~90%半ばなら還元率がいい業者といえるでしょう。還元率アップのキャンペーンや、男女で還元率の設定が違うケースもあるので要チェックです。

利用者の評判がいい

業者によって換金率や入金スピードに多少の違いはありますが、現金化サービス内容はどの業者も大体同じ。気になる違いがあるといえば対応ぶりでしょう。初めて利用する人には不安なので対応が良く、安心して相談できる業者が良いですね。

それには利用者アンケートやリピート率の高さ、口コミなどを調べてみるのがベスト。実際に利用した人たちの本音が書かれていますから、スタッフの応対態度の違いを知るには大いに参考になります。

入金スピードや還元率には業者によってそれほど大きな差はありません。しかし、スタッフの「対応」には大きな差が生じています。お金に関わることですから、対応の良し悪は重要。利用者の口コミをチェックして評判のいい業者を選びましょう。

実績がある

健全な業者なら創業年数も長く実績が豊富で、設立者や所在地、固定電話番号などの企業情報を明記しているもの。サイトもこまめに更新して、お得な最新情報を発信しています。悪質業者などは、社名やサービス名、公式サイトを頻繁に変更したり、所在地も曖昧になっていたり、創業年度が記載されていない場合も多々あり。サイトの更新も怠りがちです。

悪質業者に引っかからないように、企業情報を確認して創業年数が長く実績も豊富な業者を選びましょう。数ある業者の中には、昨日今日営業を始めたばかりの業者から、10年以上の安定した営業実績を持つ業者までさまざま。トラブルに遭わないためにも、公式サイトに会社概要がきちんと記載されているか、営業年数は長いかなどを見る必要があります。

女性におすすめ

サラ金でないのはわかっているけど、カード現金化を利用するのに何となく躊躇してしまう女性も多くいると思います。そんな方でも、女性スタッフが多く対応も親切な業者であれば安心できますよね。通常より換金率を1%から2%高く設定した女性向けプランを用意している業者もあります。

クレジットカードが利用可能で、換金率の高いお得な女性プランもあるので、ローンを組みにくい専業主婦の方でも安心して利用できる業者も少なくありません。女性にとってお金を工面するサービスを初めて利用する際には、かなり抵抗があるもの。しかし、クレジットカード現金化業者の中には利用者の過半数を女性が占める業者もあるといいます。

女性は還元率でも優遇される場合があるので、女性に強い業者を選ぶとお得です。

業者の選び方については、こちらでもわかりやすく解説しています
クレジットカード現金化業者の選び方 トラブルに遭わないための悪徳業者の見分け方

カード現金化は規約違反 ばれたらどうなるのでしょう?

多くの人が利用しているカード現金化ですが、注意してほしいことが一点。実のところ現金化は、クレジットカード会社の利用規約違反になります。本来なら違反行為ですが、利用する人は年々増加。いまだに捕まった利用者がいないので犯罪にはならない意識から、利用する人はいっこうに減らないもようです。

カード会社は現金化目的で商品を購入する人たちを厳しく取り締まるべく、カードのキャッシング枠が上限に達している人と購入した商品を常に監視しています。もし現金化したことがカード会社に知られてしまったら、悲惨な結果になりかねません。

では、現金化がカード会社にばれてしまった場合はどうなるのでしょうか。まず、確実にカードの使用停止になります。一時的にではありません。その後、一切そのクレジットカードで買い物ができなくなります。

そして現金化のためにショッピング枠を利用し、購入した商品の支払残高を一括で支払うよう命じられます。支払いを分割払いにしていても、カード会社は容赦しません。さらに信用機関情報に名前がリストアップされてしまうので、他のカード会社で新しくカードをつくることもできません。申し込んだとしても断られてしまいます。

それから最悪な結果、多重債務に陥って自己破産した場合を考えてみましょう。カード現金化で発生した借金は免責の対象にならない場合があり、借金は残るのみ。カード現金化がカード会社にばれてしまうと、以上のような悲惨な結末になります。

ばれない方法は?

上記のように、カード現金化をしたことがカード会社にばれたら、とても苦しい立場に追い込まれてしまいます。でもやむにやまれぬ事情から現金化を利用したい人もいることでしょう。では、言葉は悪いものの「ばれないようにする方法」があるのでしょうか。

カード会社は現金化の恐れがある人のカード使用状況を常に厳しく監視しています。たとえば…。

  • キャッシング枠の上限枠に達している人
  • 換金性の高い商品の購入履歴がある人
  • 換金率の高い高額商品を定期的に購入する人

以上のような人をピックアップして、目を光らせています。そして明らかに現金化目的で使用している人に対しては、厳しい措置をとることも。なので、それを逆手にとって現金化を検討しましょう。

  • キャッシング枠の限度額に余裕を持たせておく
  • 換金性の高い商品ばかりカードで購入しない
  • 換金率の高い高額商品を定期的に購入しない
  • 手軽に現金化ができる商品券などをカードで購入しない
  • 現金化業者をたくさん利用しない

以上のことに常に気をつけて、上手に切り抜けてみませんか。

信頼できる現金化業者を選ぶことも大切です。現金化業者は決済代行会社を通して決済をします。クレジットカード会社は、決済代行会社が現金化業者の決済をしていることを把握できません。現金化業者はリスクを避けるため、決済代行会社に高い手数料を払っています。それができるのは、健全で安定した運営をしているので信頼できる業者の証しです。

まとめると現金化がばれない方法として、カードの使用に気をつける自衛努力信頼できる現金化業者を選ぶことです。

カード会社にばれた時の言い訳の仕方

もし、カード現金化がカード会社にばれてしまったら、どのような言い逃れをしたら良いでしょうか。キャッシング枠に余裕を持たせておけば、ショッピング枠を利用した買い物をカード会社から「現金化目的ではないか」と指摘されても、「ショッピング枠が残っているのに、わざわざ現金化しない」と言い逃れができます。

しかし、現金化目的を疑われやすい商品ばかりをカードで購入し続けると、その言い逃れも通用しなくなりかねません。キャッシング枠に余裕を持たせて、現金化目的を疑われやすい換金率の高い商品は購入しないなどに気をつけていれば「この日の商品購入は現金化目的では全くありません」と堂々と言えるでしょう。

「カードで商品を購入したが、事情があって売ってしまった」という言い逃れも可能。購入目的が「現金化」でなければ良いのですから。カード会社が、現金化目的でショッピング枠を利用したと特定するには「商品購入時に売る目的としていた」ことを証明しなければなりません。

証明することはなかなか難しいもの。「購入時にその商品を売るつもりは全くなかった」と言い訳することが簡単にできます。つまり売ろうと思ったのはいつなのか。それがポイントです。「所有する目的で商品を購入したが、必要ではなくなったので売って処分することにした」との大義名分があれば通用します。

しかし、ばれない方法や言い訳を考えるより何より、そんな事態にならないことが先決です。カード現金化を利用するには、十分気をつけましょう。

現金化のさまざまな事例・体験談もチェック!

まだ、クレジットカード現金化を利用する具体的なイメージがわかない…という方は、体験談をチェックしてみるとよいでしょう。

このサイトでは、急な金策が必要となってクレジットカード現金化を利用したケースを5つに分類して紹介しています。これらは特殊な事例ではなく、多くの方にとって日常的にあり得る状況。短期的に現金を融通する方法として、クレジットカード現金化がどれだけ便利で役立つサービスか、具体的なシチュエーションがわかれば、より安心して利用できるでしょう。

クレジットカード現金化は、優良業者を利用する分にはまったく心配のいらないサービスです。しかし、悪徳業者によるトラブル事例も合わせて知っておくことで、業者選びの重要性を理解していただければと思います。

クレジットカード現金化のさまざまなケースを体験談で紹介しています
現金化で助かった!体験談はこちら
クレジットカード現金化のさまざまなケースを体験談で紹介しています
トラブル事例・体験談はこちら

※個人が制作しているサイトです。最新情報は各業者の公式サイトでご確認ください。

男性も女性もここなら安心
  • クレジットカード現金化業者総合おすすめ5社
  • 入金がはやいのはココ
  • 還元率がいいのはココ
  • 評判がいいのはココ
  • 実績があるのはココ
  • 女性におすすめはココ
ページの先頭へ