サラ金やカードローンとの違い

このページでは、消費者金融からの借金とクレジットカード現金化とはどう違うのか、メリット・デメリットを含めて紹介します。

根本的に違う消費者金融とクレジットカード現金化

お金のイメージ消費者金融とクレジットカード現金化との根本的な違いは、前者が借金であるのに対して、後者はカード会社への支払いは発生するもののクレジットカード現金化業者からは借金をするわけではありません

お金に困った時、比較的短時間で現金が手に入るという共通点はあるものの、サービスとしてはまったく違うものと思ってください。

クレジットカード現金化のメリット・デメリットとは

では、クレジットカード現金化というサービスにはどういった特徴があるのか、消費者金融との比較でメリット・デメリットという観点から整理してみましょう。

利用限度額の設定方法が違う

消費者金融の場合、総量規制という法律によって年収の1/3を超えるキャッシングはできません。専業主婦の場合、夫に収入があっても借入できないという問題もあります。

一方、クレジットカード現金化はカードのショッピング枠の幅で利用することができます。クレジットカードの利用限度額は一般的にキャッシング枠よりショッピング枠の方が高く設定されているので、収入がないもしくは収入が少ないヒトにとって利用額が有利なのはクレジットカード現金化といえます。

クレジットカード現金化は審査がない

消費者金融を利用する場合、身分確認だけでなく職業や収入、過去の借入履歴などを照会されて、融資の可否や利用額が決まります。追加融資の際にも利用状況を確認されるので、本当にお金に困った状況だと利用者としては借りにくい状態というケースが多々あります。

その点、クレジットカード現金化は身分確認とショッピング枠の残高があればOK。借りやすさという点ではクレジットカード現金化の方が圧倒的にハードルが低くスピーディーなのです。

金利と還元率(換金率)を比較してみる

消費者金融の上限金利は10万円未満で年利20%、10万~100万円未満で年利18%、100万円以上で年利15%と決められています。

一方、クレジットカード現金化の還元率は10万円以下で80%以下、20万円以下で80%程度が相場。これらを年利に当てはめてみると消費者金融の方が割安感はあります。そういう意味では消費者金融で気軽に借金できるヒトはいいのですが、そうでない場合はクレジットカード現金化が頼りになるというわけです。

利用者の満足度が高いのはクレジットカード現金化

お金に困っているヒトにとって消費者金融は必ずしも優しい存在ではありません。貸し倒れリスクがあるので貸し手側としては当然の対処。その点、クレジットカード現金化の利用者は仕組みを理解して利用しますし、借金ではないので返済トラブルなどクレームがないのも特徴です。

便利なクレジットカード現金化を安心して行うなら、業者選びは重要です。

どの業者に依頼したらよいかわからない…という方へ
▼インターネットでOK 全国対応の優良業者をお教えします▼

男性も女性もここなら安心
  • クレジットカード現金化業者総合おすすめ5社
  • 入金がはやいのはココ
  • 還元率がいいのはココ
  • 評判がいいのはココ
  • 実績があるのはココ
  • 女性におすすめはココ
ページの先頭へ