連絡が取れなくなった

このページでは、手続き後に業者と連絡がとれない、振込がないなど、ショッピング枠現金化詐欺のトラブル事例を紹介します。

現金が振り込まれなかったショッピング枠現金化トラブル事例

手続き後に業者と連絡がとれない振込がないなど、ショッピング枠現金化詐欺のトラブル事例を紹介このケースはスピーディ対応をセールスポイントとするショッピング枠現金化サービスの業者を利用して、商品購入のカード決済はしたものの現金が振り込まれなかったというパターンです。

ショッピング枠現金化の専門業者はスピード対応を売り文句にすることが多々あります。現金を受け取るには利用者側も商品をクレジットカードで購入する必要があり、しっかりと業者を値踏みしないまま急いで申し込みをしてしまうと、結局は意味のない商品を買っただけで、クレジットカードの支払いが残ってしまうというわけです。

こうしたケースでは、少しでも早く現金を振り込んでもらいたいという焦りから、きちんとした業者の手続きでさえ手間に感じてしまって、スピード対応だけをセールスポイントに騙されてしまうというリスクがあります。利用者側で商品を購入した後、いくら待っても入金がなく、改めて連絡をすると電話に出ないということもあるわけです。

いくらお金に困った状況とはいえ、本当に現金の振り込みをしてくれるのか、真っ当なサービスを提供している業者なのかを確認せずに、商品購入を急いでしまうのは浅はかです。

担当者と連絡がとれないショッピング枠現金化トラブル事例

こちらのケースはパソコンやDVDレコーダーを複数台購入して合計70万円を決済したものの、発送先を業者宛てにするように指示を受けたという事例です。一旦は業者が商品を受け取って、後日自分の元に届くと思っていたものの、いつまで経っても商品が届かず、現金の振込もありません。業を煮やして業者に連絡を入れたところ、担当者がつかまらず、この時点で悪徳業者ではないかと疑いを持つに至りました。

ここで商品を購入した販売元に連絡を入れたところ、たまたま発送が遅れていたためキャンセルも可能とのこと。ショッピング枠現金化の業者は信頼できないと感じて、購入自体をキャンセルしました。これで、クレジットカードでの商品購入自体がなくなったわけです。

すると、今度はこれまで連絡がとれなくなっていたショッピング枠現金化の業者から電話がかかってきて、脅迫まがいのクレームをつけられたのです。電話は自宅だけでなく職場にもかかってきましたが、着信拒否などでかわすうちにどうにか業者からの連絡もなくなったという次第。これはたまたま販売元の発送が遅れたからキャンセルできた不幸中の幸い。商品が発送されていれば、購入物は手元に残らず、カード決済の支払いだけが残るという最悪の事態に陥っていたことでしょう。

便利なクレジットカード現金化を安心して行うなら、業者選びは重要です。

どの業者に依頼したらよいかわからない…という方へ
▼インターネットでOK 全国対応の優良業者をお教えします▼

男性も女性もここなら安心
  • クレジットカード現金化業者総合おすすめ5社
  • 入金がはやいのはココ
  • 還元率がいいのはココ
  • 評判がいいのはココ
  • 実績があるのはココ
  • 女性におすすめはココ
ページの先頭へ